1.  > 
  2. 時計担当のブログ
    2024年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
NIHONDOお買い上げ安心特典
  • 時計の無料クリーニング
  • 時計の状況診断
    (時刻精度や磁気帯び、外観、OH相談など)
  • 磁気帯びの際の磁気抜きさせて頂きます。
  • ベルト交換取付作業
    (当店買い上げ品バンド、純正品バンド)
  • バンド駒調整作業
  • 機械式時計の精度チェック(機械式に限ります)
  • 電波時計の受信設定

Blog

Sinn356 FLIEGER クラシカルパイロットウォッチ

Sinn ジンの時計でも103と356はクラシカルなパイロットウォッチとして数十年製造されております。

今回は私も愛用しているSinn356FLIEGER(フリーガー=ドイツ語でパイロット)のオススメのポイントをご紹介させて頂きます。

DSC_0054

↑ Sinn356 FLIEGER2 今でも第一線で使っている私の愛機です(もうそろそろ20年位使っていると思いますがぜんぜん飽きませんし、今でも時計好きな方やジンの事を全然知らない方にも褒められることも多い時計です)

 

 

DSC_0049

左)Sinn356 FLIEGER 長く愛されている定番モデル

右)Sinn356 FLIEGER KLASSIK.AS.E 新しく発売された356フリーガー

 

DSC_0050DSC_0051

sinn356 FLIEGERの特徴として、アクリル風防を採用しております。横から見ると風防の盛り上がりと周辺部分の歪みがあるのが分かりますよね(サファイアガラスでもふっくらと盛り上がっているモデルもありますが、アクリル風防独特の横から見たときの歪みがありませんので、分からない方は比較してみると面白いと思います。オメガのスピードマスタープロフェッショナルでもありましたよね)

 

DSC_0052

ケースは共にマットの艶消し、バンドの付け根の所には穴が開いているのも特徴です(昔のモデルはR社でもこのように横に穴が開いてましたし、このような穴が開いているとバンド交換の時には差し込むだけでバネ棒が外れるので便利です。現在の時計の殆どはラグジュアリー的なモデルがも増えたためにこのように横穴が開いているモデルが少なくなりました)

※ クラシカルな時計としては個人的に横穴が開いている方が好きです

 

DSC_0053

裏蓋もスクリューバックになっております(ねじ込み式の裏蓋は防水性能が上がるのでいいですね)

ジン356のケースサイズは38.5ミリと大きすぎないクロノグラフですので、他のメーカーを探してもこのサイズのクロノグラフは見つかりにくいと思います(昔のモデルは別として、現行販売しているモデルで探してです)

 

 

日本人はメタルブレスが好きな方が多いのでこのようなレザーストラップ仕様は敬遠されがちですが、バタフライバックルを使うとかなり使用用途が増えてきます ↓

DSC_0055

※ 旧型のジンのバックルです

DSC_0056DSC_0057

バタフライバックルを着けると、時計の穴位置を固定してますので毎回引っ張ることが少なくなりますし、このようにバックルと時計がつながっているので着脱する時に腕時計が落ちることも無くなります。

※ ボアレザーストラップは厚みがある為にsinn純正のバタフライバックルが装着できませんのでお気を付けください。

 

ジンのパイロットウォッチは視認性が高く、sinn356は非常に着け心地のよいモデルです。

sinn356DSC_0006sinn356klassikase

おすすめです。

只今、NIHOINDOでは、フレッシャーズフェア開催中です

2023freshersfair2

 

 

 

 

 

BALLウォッチの修理料金が5月より改定されます

色々なブランドが時計の価格改定を行っておりますが、BALLウォッチの修理も5月から改定されます。

 

現在のオーバーホール料金は

3針モデル(自動巻) 正規会員価格27,500円

クロノグラフ(自動巻)正規会員価格38,500円

5月1日より

3針モデル(自動巻)正規会員価格33,000円

クロノグラフ(自動巻)正規会員価格44,000円

※ ゆっくりサービス希望の際は5000円引き

※ 標準価格(正規品以外のBALLウオッチ)はもっと高くなりますのでお問い合わせください。

 

正規会員価格は、改定後(上がっても)でもかなりお値打ちです。ですがオーバーホールを出そうか迷っている方には4月後半までに時計をお出しください(正確には、メーカーに4月中に時計が届いてないとダメですのでできれば中旬ぐらいまでのお預かりさせて頂ければと思います)

迷っている方には、今がOHのチャンスです。

卒業、新社会人、新入学のシーズンにおすすめ 腕時計 「フレッシャーズフェア」

3月後半から4月にかけては卒業、新社会人、新入学のシーズン

お祝いで両親や祖父母に買ってもらった時計は、記念に残る大切な思い出になります。

NIHONDOでは「フレッシャーズフェア」開催してます ~4/21日まで

2023freshersfair2

そんなシーズンにお勧めの腕時計を今回はご案内しますね。

まずはドイツ時計 「Sinn(ジン)」

sinn 556 A.M (3,6,9,12 アラビア数字で文字盤のブラックは艶消し)

sinn556amsinn556ar2

 

sinn556m556i_rs_m

↑ sinn556 M   とsinn556.I.RS   (バーインデックスで文字盤のブラックは艶あり)

sinn556m3

ジン556は全てバックスケルトン仕様(現在、自動巻ローターの色はゴールドとシルバーと混在していますが、今後はシルバーに移行していきます)

20気圧防水、ねじ込み式リューズ サイズは38.5ミリ と使いやすいサイズです。

どんなシーンにもお使いいただける万能時計

価格294,000円税込

 

BALL(ボールウオッチ)

nm2098cs3jbk22nm2098c-s26j-wh

NM2098C ストークマン ビクトリー シリーズ

文字盤の種類はブラック、ブルー、ホワイト、そしてホワイトMOPがございます。

nm2098c-s26j-wh2

↑ ボールウォッチは全てマイクロガスライトを使用しておりますので、夜間や暗闇での視認性は抜群です。

ケースサイズも40ミリ、10気圧防水がありねじ込み式リューズですのでほとんど日常使いでは防水を気にすることなくお使いいただけると思います。

価格187,000円税込 、MOP文字盤は198,000円税込

 

モーリスラクロア  アイコンクォーツ40ミリ

ai1108_ss002_330_1ai1108_ss002_630_1b

AI1108-SS002-330-1   クォーツ式なので時計にあまり興味がない方や、時間合わせが苦手な方にもお勧めモデルです。(文字盤の色はブラック、ブルー、グリーンの3種類)

 

人気モデルである、アイコンの自動巻と同じデザインなのでデザイン、存在感は抜群ですし、ねじ込みリューズで防水性能も高いです。

もちろん余裕が自動巻のアイコンシリーズ(39ミリ、42ミリ 共に20気圧防水)が一番お勧めのラインです↓

ai6007_ss002_330_1ai6007_ss002_430_1ai6008_ss002_331_120210302_151540

一番人気のブルー、その次はブラック、アンスラサイト、そして私の愛用しているホワイト文字盤などお勧めです。

価格は、メタルブレス仕様で317,900円税込

 

そしてクラシカルラインでレザーストラップがオススメの時計は

フレデリックコンスタント

fc315wn4c26x350fc310wn4c6b

FC-310MC5B6fc310mc5b6c

12時位置にあるホートビート(テンプの動きが見えるデザイン)が特徴で、ここがハートビートの元祖です。

※ 最近は他のメーカーが真似て作るほどハートビートが世界的人気なデザインとなりました。

クラシカルなデザインで、3気圧(角型)、5気圧(丸形)がありますが、日常生活防水にはなっていますのでそんなに気にすることなく日常使い頂けます。

 

他にもいろいろとオススメがございますがぜひご相談ください。

たしかに高価な物ですが、腕時計はメンテナンスをすればかなり長くお使い頂けます。

また今回ご紹介させて頂いた時計ブランドは、国内正規品であれば(平行輸入品)よりもメンテナンスがお値打ちにできますので、維持費も掛かりにくいです。

※海外で同じモデルを購入したり、国内で平行輸入商品を購入してしまうとメンテナンスなど驚く金額になる事が多いです(およそ1.8倍~2倍ちかくオーバーホールや修理費用がかかります、メンテナンスの度にその金額を払うと結構な金額になってしまうのです)

 

 

 

 

 

 

 

Sinnセールスマスターセミナーに行ってきました

3月21日 Sinn(ジン)の日本代理店である「株式会社 ホッタ」さんの本社で初めての「Sinnのセールスマスター」講習に行ってきました。

 

DSC_0020

今回のはU1を着けて講習開始

 

DSC_0025DSC_0024DSC_0021

↑ 実際にマグネット越しにクリップが付いているのが分かりますよね。

 

DSC_0023

↑ これはマグネチックフィールドプロテクションの裏蓋ですのでクリップが磁石に反応してません

 

DSC_0026DSC_0027

Sinnの時計の殆どはここで修理されております(一部ドイツ送りのモデル以外)、女性のサービススタッフもお見えでした。

 

DSC_0028

実際にアルゴンガスを入れてもらい、EDRパッキンや、ドライカプセルなどのドライテクノロジーシステム説明して頂きました。

DSC_0029

 

そのほかにも、テギメントの実験(実際のテギメントケースにドライバーで擦る実験)これは当店にもありますのでご希望の方はご来店時にお気軽にお申しつけください。

 

初代、356フリーガーのサンプルモデルです。

(日本で企画したモデルが人気となり、現在ではドイツ本国で定番品として356フリーガーがあります)

DSC_0030

 

DSC_0031DSC_0032

↑ 一部のお店で(デポ)しか販売できなかったブルーのU1、U1SDR、U1Sです。

※ 残りわずかですが、ご希望であれば当店でも手配可能ですので。気になる方はお申しつけください(メールでも金額や在庫状況などお気軽に)

 

DSC_0033DSC_0035

色々な講習や実験を終えた後、最後に「Sinnセールスマスター」の修了書とピンバッジを頂きました。これでSinnセールスマスターなりました。

DSC_0037

当店に飾ってありますので、ご来店時にはぜひご覧になってください。

 

今回の講習では日本全国のお店からスタッフさんが参加されておりましたが、数時間前に地震の緊急速報があり電車が止まるアクシデントに見舞われました(初めて電車の中で、色々な方の携帯が一斉に警報音がしたのでビックリしました)

大きな地震ではなく、地震被害もなさそうなのでよかったです。

 

 

 

 

花粉症が、つらいです(4月1日よりフレデリックコンスタント価格改定)

今年は温暖化なのか! いつもより早めに花粉症の症状が出ております。

仕事中はマスクをしてるし、花粉症の薬を飲んでますが、、、非常に辛い

(以前からヨーグルトを食べていましたが、ヨーグルトを変えたのと、食べる時間帯を変えたのが良くないのかな?)

まだ4月後半まで1か月あると思うと憂鬱です(花粉症ではない方には非常に良い気候なので、観光やツーリングなど行けて羨ましい限りです)

 

3月19日からはモーリスラクロアの価格改定が行われます、また4月1日よりフレデリックコンスタントも価格改定されますので、お気をつけください(いまならまだ改定前の価格で間に合います)