1.  > 
  2. 時計担当のブログ
    2023年2月
    « 1月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
NIHONDOお買い上げ安心特典
  • 時計の無料クリーニング
  • 時計の状況診断
    (時刻精度や磁気帯び、外観、OH相談など)
  • 磁気帯びの際の磁気抜きさせて頂きます。
  • ベルト交換取付作業
    (当店買い上げ品バンド、純正品バンド)
  • バンド駒調整作業
  • 機械式時計の精度チェック(機械式に限ります)
  • 電波時計の受信設定

Blog (2/141 ページ目を表示中)

モノリシックオシレーター S様ありがとうございました

皆様あけましておめでとうございます

2023年もよろしくお願いいたします。

 

おかげさまで年始は忙しくさせて頂き、ようやくブログに手を付けることが出来ました(忙しいのはうれしい悲鳴です)

年末から年始にかけて、ご予約頂きました時計をお買い上げ頂いたり、自分用のプレゼント用にお使い頂いたり、素敵な方へのプレゼントに使われたり、と本当に沢山のお客様に感謝申し上げます。

 

そして題名にもある通り、昨年から取り扱いを始めた「フレデリックコンスタント」その中でも数世紀ぶりの革命的ムーブメントを搭載したモノリシックオシレーターを常連のS様にお買い上げ頂きました。

S様いつもありがとうございます。

DSC_0230DSC_0231

世界限定生産であるこの時計は非常に入荷が少ない時計です。

DSC_0226DSC_0225DSC_0229

 

従来のヒゲゼンマイを使わない「モノリシックオシレーター」 振動数はハイビート時計と呼ばれる8振動の10倍!

80振動という超絶ハイビートです。

現在の機械式時計のにはほとんど使われている「ヒゲゼンマイ」を使わないで動かすことが出来るのは本当にすごい事です(3世紀ぶりぐらいの革新的な事ではないでしょうか?)

 

例えるなら、車のエンジンをピストンを使わないで動かすような、、、、発明だと個人的に思ってます(あくまでも個人的になので)

 

時計にはどうしても必要だったものをあえて違う構造で動かしてしまうのは本当にすごい事です。

限定数とはいえ、革新的なムーブメントをこの価格帯で提供しているフレデリックコンスタントは、素晴らしい!

 

またいろいろなことをこのブログから配信させて頂きます。

2023年も日本堂をよろしくお願いいたします。

WEB担当はじめ

 

 

 

 

2022年度の営業は 本日12月28日まで

2022年度の日本堂の営業は、12月28日が最終営業日となります。

今年も一年皆様のおかげで無事に過ごすことが出来ました。

皆様良いお年をお迎えくださいませ!

 

2022nenmatu

 

2023年度の営業は

1月3日 AM10時から 「新春初売り」

※ 3,4,5,6日までは17時までの短縮営業となります。

 

1月22日までは新春フェアを開催しますのでぜひおこしくださいませ !

時計、ジュエリー、メガネ、福袋(ジュエリー) いろいろなお楽しみがございます。

 

2023年度もよろしくお願いいたします。

日本堂 社員一同

 

オメガのオーバーホール料金が上がります(2023.1.10日)

「オメガ OMEGA」

為替の関係で時計の価格も急上昇しておりますが、それにちなんで修理料金も値上げされます。

 

そして来年1月10日より(実質1月5日までに当店預かりしないといけません)

修理参考価格は、

「メカニカルモデル(自動巻き、手巻き)」

ステンレス、チタン、セラミック(貴金属以外の素材)でクロノグラフ以外(3針モデルやGMTの4針モデルなど)

96,000+TAX=105,600円税込~ となります。

※ ゴールド、プラチナ、パラジウムなどの貴金属を使ったモデルの際は、119,900円税込~

 

「メカニカル(自動巻き、手巻き)のクロノグラフモデル」(スピードマスターなど)

ステンレス、チタン、セラミックのクロノグラフ

123,000+TAX=135,300円税込~ となります。

※ ゴールド、プラチナ、パラジウムなどの貴金属を使ったモデルの際は、163,900円税込~

 

 

「クォーツモデル」

ステンレス、チタン、セラミック(貴金属以外の素材)でクロノグラフ以外

68,000+TAX=74,800円税込~ となります。

※ ゴールド、プラチナ、パラジウムなどの貴金属を使ったモデルの際は、89,100円税込~

 

ここまで修理料金も値上がりしてきました。大体10万円を軽く超えるメーカー修理料金です。

 

もちろん「ROLEX」もしかりです。

※ 3針モデルのEX1とか、サブマリーナでも見積もりを出すと当然のように10万円オーバーの見積りが出てきます。

 

時計の価格上昇、為替、などなどいろいろなものがかみ合わさってしまい急激な修理料金の値上げとなります。

現在オメガの時計を修理しようと迷っている方は、1月5日までに(当店受付できるギリギリです)お持ちくださいませ!

 

時計も中古相場も上がってますが、修理、パーツなどすべて値上がり傾向です。

値下がりすることはまずないので、早めにやっておくことがおすすめです。

 

 

 

2022年の仕事納めは 12月28日(水)までです

2022年度の営業は12月28日(水曜日)までとなります。

※28日の水曜日は営業します。

営業日ももう少しございますので、ぜひご来店くださいませ!

2022nenmatu

 

12月29日から1月2日までは正月休みを頂きます。

 

2023年度の営業は1月3日の午前10時からとなります。

1月3日から1月22日までは新春フェアを行いますので、是非とも皆様よろしくお願いいたします。

 

日本堂

 

 

Sinn903.ST.AUTO .BE これも残り1本

Sinnの時計で人気のあるパイロットウォッチクロノグラフ「903」シリーズ

sinn903sautotbesinn903sautotbe2

Sinn903 ST.AUTO.BE  このモデルもとうとう最後の1本になってしまいました。

※ 現在ディコンになり、今後入荷予定は今のところありません。NEWモデルとなり903シリーズが復活すると思いますがいつになるやら、、、、、(現在Sinnの時計、いや他のメーカーのモデルも供給がかなり遅れております)

 

DSC_0228

この時計の良さはもちろん見た目のカッコよさは当然ながら、実用的な防水性能があることが私は素晴らしいと思います(某社のナビゲーションクロノグラフはたしか3気圧ぐらいだったような)

DSC_0227

Sinn903 ST.AUTO.BE はしっかりとねじ込みできるリューズで10気圧防水あります。

※ ねじ込み式リューズはいろいろなモデルが存在しますが、ねじ込みが浅いとすぐにねじ山が切れてリューズが閉まらなくなり防水性能が極端に落ちます。

 

DSC_0229DSC_0230

ジン903BEの特徴として、濃紺の文字盤に針とインデックスが象牙色になっているところにもこの時計の味を感じますね!

DSC_0226DSC_0231

サイズ41㎜ 厚さ14.5㎜ と意外と着けやすいサイズです。

 

現在当店もラスト1本となりました。

ナビゲーションパイロットウォッチのSinn903 ぜひとも一度観ていただきたいと時計です。

お問い合わせはこちらからどうぞ

sinn903ST AUTO B.E

 

903シリーズは、初代ヘムルートジンさん続く歴史あるモデルです。