1.  > 
  2.  > 
NIHONDOお買い上げ安心特典
  • 時計の無料クリーニング
  • 時計の状況診断
    (時刻精度や磁気帯び、外観、OH相談など)
  • 磁気帯びの際の磁気抜きさせて頂きます。
  • ベルト交換取付作業
    (当店買い上げ品バンド、純正品バンド)
  • バンド駒調整作業

分解してみたら案の定に、、、

投稿日: 2017年10月30日

カテゴリー: 未分類

タグ:

私の愛用しておりますSinn U1 調子よく使っておりますが、ふと「ここだけでしたら構造は簡単なのでバラして中見てみよう!簡単に戻せるし組めるんじゃない?」的な感覚でバックル部分をバラシてみました。

※ 私の物なので最悪バックル交換すれば良いと軽い感じで試してみましたけど、皆さんにはお勧め致しません。

CIMG3307

そしてカバーを外すと↓

CIMG3308

バネが2本ありますよね!

画像にも書いてあるように案の定このバネを飛ばして紛失しました><(相当細くて小さなバネですので探してもなかなか見つからないです。しょうがないので代用品のバネを探して作りました)

バネが飛んだ時点で私のやる気も無くなりこれ以上は分解しませんでしたが、バックルの構造はやはり簡単ですね!(バネを外して、爪部分を外して、横のピンの部分を外すだけで完全にバラバラに出来そうです)

※ ちなみにメーカーでは分解しませんのでバックルの不具合が出ましたらバックルごとの交換となります(私も交換をお勧めします)

 

 

CIMG3309

少しだけオイルを差して無事に戻りました(良かったです)

今回はあくまでも自分の時計でしたので試して見ただけです。責任持てませんのであくまでも資料的な感覚で見て頂ければと思います(時計本体は絶対に分解しませんよ!)

 

 

 

ブログ一覧に戻る <<