1.  > 
  2.  > 
NIHONDOお買い上げ安心特典
  • 時計の無料クリーニング
  • 時計の状況診断
    (時刻精度や磁気帯び、外観、OH相談など)
  • 磁気帯びの際の磁気抜きさせて頂きます。
  • ベルト交換取付作業
    (当店買い上げ品バンド、純正品バンド)
  • バンド駒調整作業
  • 機械式時計の精度チェック(機械式に限ります)
  • 電波時計の受信設定

最近よく聞かれます質問です

投稿日: 2020年6月22日

カテゴリー: 未分類

タグ:

最近良く聞かれます質問に対してここでも説明させて頂きます

Q) 時計のオーバーホールの金額は?

メーカーにより違いますが

○ Sinnの場合は3針モデル正規品で24,000円+TAX~(平行品の場合は48,000円+TAXと2倍の価格差があります)、またクロノグラフは39,000円+TAX(平行品の際は、78,000円+TAXと2倍になります)

○ BALLウォッチのオーバーホールも正規会員価格と違いが2倍あり、3針モデル正規会員価格は20,000円+TAX~(平行品は40,000円~)クロノグラフは、正規会員価格30,000円+TAXのところ(平行品は60,000円+TAX)となります。

○ そしてモーリスラクロアにも実は正規品、平行品の価格差があります。3針モデルの自動巻きでは正規会員価格は27,000円+TAXにたいして平行品は45,000円+TAXとおよそ1.7倍の価格差が生じます。 またモーリスラクロアの特徴として、バンド代にも正規価格の適用がされますので平行輸入商品を購入するかなりコストがかかってしまいます。

 

Q) オーバーホールの頻度は?

○ メーカーは3年~5年を推奨しているメーカーが多いです。メーカーや特殊な機構を搭載したモデル(オメガのコーアクシャルなど)は8年~10年ぐらいが目安です。 もちろん使われる方により時計の状態がかなり変わりますので一概にはいえませんが、水分や良く汗をかかれる方、ダイバー時計でも海や川、プールやシャワーなどよく使われる方は早目にオーバーホールしたほうがお勧めです。

理由は簡単、必ず時計にはパッキンが使われております。見た目は綺麗な状態でもリューズや裏蓋のパッキン類は樹脂製のものが殆どですので劣化してしまうのです。防水の強い時計でもパッキンが傷んでいればじわりじわりと水分は浸透していき時計の中に入ってしまうのです(たまにメーカーに見積もりを出した際に「ケース腐食によりケース交換しないと非防水扱いとなります」とコメントがつくことがあります。特に少し前のロレックスやセイコーの時計に多いです)

 

Q) どんな時計もオーバーホールしてくれますか?

○ 基本的には当社が扱っているメーカー、ブランドですが、以前当社でも正規で扱っておりましたロレックス、オメガ、ノモスなどもちゃんとメーカー修理対応できますのでお気軽にお申し付けください(他店購入品や平行品でも大丈夫です、ノモスは正規品の保証書があると会員価格で修理が出来ます)

 

時計はどうしてもメンテナンスが必要です、もちろんクォーツ式(電池式)の時計も同様です。

せっかく気に入って購入した時計は長く使いたいですよね!

 

常連のK様、S様にまた美味し物を頂きました

20200618_191626

きな粉ロールケーキめちゃめちゃ美味しかったです、いつもご遠方の所ご来店頂き、また素敵なお土産まで頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

ブログ一覧に戻る <<