1.  > 
  2.  > 
    2024年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
NIHONDOお買い上げ安心特典
  • 時計の無料クリーニング
  • 時計の状況診断
    (時刻精度や磁気帯び、外観、OH相談など)
  • 磁気帯びの際の磁気抜きさせて頂きます。
  • ベルト交換取付作業
    (当店買い上げ品バンド、純正品バンド)
  • バンド駒調整作業
  • 機械式時計の精度チェック(機械式に限ります)
  • 電波時計の受信設定

sinn856B と sinn556 の違い

投稿日: 2023年4月25日

カテゴリー: ブログ

タグ:

sinn556am

↑ sinn556A.M

 

sinn856bm

↑ sinn856B

上記の画像で見ると、ほぼ同じ顔で何が違うのか?

もちろんスペックとしては、856Bの904Lのスーパーステンレスに傷のつき難いテギメント加工のメタル、Arドライテクノロジー、1000ガウスの耐磁性能など違いが判るのですが、見た目が同じすぎて画像では判別し難いと思います。

556は316Lのバックスケルトン仕様になります。

 

DSC_0266

実際に時計を私が撮影した画像です ↑ Sinn856B

 

DSC_0268

↑ Sinn556A.M

DSC_0270

左)856B        右)556A

メタルの素材の艶感が違いますよね! 共に艶消し加工施されておりますが

856Bはマット仕上げで、556Aはサテン仕上げ(ヘアライン仕上げとも言います)となります。

 

DSC_0271

ケースサイズも実は違っており、856は40㎜ケースで、556は38.5㎜ケースとなります。

このように二つ並べて撮影すると、ケースの素材感の違いが分かりやすいと思います(サテン仕上げの方が見た目は少し光って高価な感じがしますが、実は856Bの方が高級なんです)

 

現在、Sinn856Bもなかなか日本では入荷が少ないのですが、現在当店には商品ございます。

在庫状況&販売価格などはこちら(https://www.tokei-nihondo.com/watches/sinn/854/)からお気軽にお問い合わせください。

 

※ 先日、約8年ぐらい使用したSinn856の修理をお預かりさせて頂きましたが、ケースやブレスにはほとんど傷がなく綺麗な状態でした(なんとサファイアガラスの方が傷が付いてたくらいです)。これだけ長く使っても傷が付かない時計ケース&ブレスレットは本当にテギメント加工というのは素晴らしい技術だと思います。

 

 

ブログ一覧に戻る <<