1.  > 
  2.  > 
    2021年5月
    « 4月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
NIHONDOお買い上げ安心特典
  • 時計の無料クリーニング
  • 時計の状況診断
    (時刻精度や磁気帯び、外観、OH相談など)
  • 磁気帯びの際の磁気抜きさせて頂きます。
  • ベルト交換取付作業
    (当店買い上げ品バンド、純正品バンド)
  • バンド駒調整作業
  • 機械式時計の精度チェック(機械式に限ります)
  • 電波時計の受信設定

SEIKOからの隠されたサインだと思います(GPSではないアストロン)

投稿日: 2021年4月23日

カテゴリー: 未分類

タグ:

SEIKOのアストロンと言えばここ数年GPSソーラーとして販売されてきたモデル(もちろん初代アストロンは世界初のクォーツ腕時計から受け継いだ名の付いたモデル)

セイコー以外にもシチズン、カシオなどもGPS(衛星)を使った時計が販売され、ここ数年で大きくなったソーラーGPS時計市場でした。

 

でも今回発売されるモデルでセイコーからの隠れたサインがありました。

なんと「アストロン」と言う名前でソーラー電波時計を発売するのです。

20210422_15140120210422_151042

ケースサイズも41mm、厚さも10.6mm 重さはチタンで90g

20210422_15104920210422_151100

価格は110,000円税込 今までのアストロンの価格ではなく、コストパフォーマンスのよい時計となりました。

今までソーラー電波時計はアストロンシリーズでは販売が無く、SEIKOでもそのほかのブランドでブライツやドルチェ、ルキアなどの名前で販売していたのです。

今回この価格帯でアストロンと言う名前で販売するということは、GPS市場の低迷が続き、ましてや高額化(開発費をかけても)になって「ユーザー様が付いてこないのでは?」と判断したのではないでしょうか?

 

どのメーカーのソーラーGPS時計でも、かなり大きなアンテナと非常に多くの電力を使ってしまいますのでどうしても大きな時計のケース、厚さが必要となります。

現在の時計市場は機械式かクォーツかソーラー電波かスマホと連動させたBluetoothの時計が主になっており、コストのかかるGPS時計は難しくなってきてるのでしょう!

今後GPSの腕時計市場はどんどん小さくなっていくサインだと私は思います。

 

 

ブログ一覧に戻る <<