1.  > 
  2.  > 
NIHONDOお買い上げ安心特典
  • 時計の無料クリーニング
  • 時計の状況診断
    (時刻精度や磁気帯び、外観、OH相談など)
  • 磁気帯びの際の磁気抜きさせて頂きます。
  • ベルト交換取付作業
    (当店買い上げ品バンド、純正品バンド)
  • バンド駒調整作業
  • 機械式時計の精度チェック(機械式に限ります)
  • 電波時計の受信設定

逆リューズ(左リューズ)はこんなに違う Sinn EZM3

投稿日: 2019年5月24日

カテゴリー: 未分類

タグ:

ジンの時計でも人気のあるモデルの中で特徴的な構造、「逆リューズ」(左リューズ)があります。

20190524_110931

sinn703 EZM3F (603EZM3とは少し違うこの703EZM3はパイロットモデルとなります)

画像を観て頂くとわかるように時計左側にリューズが付いております(左腕に着けた際、右腕に着けてはダメですよ)

 

殆どの腕時計は右側にリューズがありますので

日常でも手首を曲げる動作をするとどうしてもリューズが手に当たってしまします。

でも左リューズの時計では↓

20190524_110858

20190524_110915

当たりませんよね!

日頃の生活でも手首を曲げるこのようなシーンがあると思います(私も時計をはずした際などリューズ当たる所に跡が残ってます)

20190524_110945

ジン703 EZM3Fは、20気圧の防水性能に1000ガウスの耐磁、ドライテクノロジー(Arガス、ドライカプセル、-45℃~+80℃でも安定した精度を保つ特殊オイル)、そして左リューズとかなりのハイスペックの割に着けやすい時計です(603EZM3より防水性能を下げてますので僅かですが薄く、軽くなります)

もちろん他のsinnの時計にも逆リューズモデルはございます。ぜひこの着け易い時計を体感してくださいませ!

 

sinn703 EZM3F 価格330,000円+TAX

ご遠方の方でも安心してお買い求めいただけます(もちろん初回オーバーホールの基本料金無料のマイスタークラブにも加入できます)

分割クレジットやNIHONDO価格などお気軽にお問い合わせください

 

 

 

 

ブログ一覧に戻る <<