1.  > 
  2.  > 
NIHONDOお買い上げ安心特典
  • 時計の無料クリーニング
  • 時計の状況診断
    (時刻精度や磁気帯び、外観、OH相談など)
  • 磁気帯びの際の磁気抜きさせて頂きます。
  • ベルト交換取付作業
    (当店買い上げ品バンド、純正品バンド)
  • バンド駒調整作業
  • 機械式時計の精度チェック(機械式に限ります)
  • 電波時計の受信設定

今年はドイツ東西統一30周年

投稿日: 2020年10月18日

カテゴリー: 未分類

タグ:

東西パートナーシップの物語

 ドイツは、2020年10月3日に再統一30周年を迎えました。ドイツ再統一は、これが歴史的な日付だということ以上に、ドイツの時計メーカーであるジンにとって、もう一つの意味を持っています。ドイツ再統一は同時に、今日まで東西の融合を積極的に受け入れてきた2つの企業の物語と同義語なのです。ジン社のオーナー兼エンジニアであるローター・シュミットと、SUG(ザクセン時計技術社グラスヒュッテ)の共同オーナー兼マネージングディレクターの工学博士、ロナルド・ボルトは、ジン社とSUGの間で1999年に締結されたパートナーシップを発展させてきました。ローター・シュミットは、2002年の大洪水以来、SUGの全株式の74%を保有しています。ロナルド・ボルトと協力して高級時計用ケース製造会社を設立し、現在は息子のダニエル・ボルトが中心となって経営を行っています。

 歴史書や国民の意識の中に永遠に刻まれた、歴史的意義のある発言をご紹介しましょう。1989年11月9日にベルリンの壁が崩壊したときにウィリー・ブラントが発した「今、共に属するものは共に成長する」という名言です。今ではよく使われる言葉ですが、この言葉は東西の多くの人々に指針を与えてくれました。元首相が、統一のプロセスを形作るために皆で協力するよう、心の底から人々に呼びかけたからです。しかし、それは口で言うほど簡単なことではありません。人々は少なからず、自分の世界で自分の考え方に囚われてしまうものだからです。

 

私も以前Sinnの本社(旧西ドイツ、フランクフルト)から一度グラスヒュッテ(旧東ドイツ)にあるSUG社に訪れた事があります。

旧東ドイツにあるグラスヒュッテの工場(時計メーカー)は本当に山の中にあり、皆様が思っているよりも田舎なイメージです。

k

ドイツの国旗の色の由来は

黒=勤勉

赤=情熱

金(黄)=名誉

となっております(黄色は旗などでは金色を使えないので黄色で表現してます)

ちなみに同じ色を使っているベルギーでは縦の配色になりまた色の由来も変わってきます(勘違いしやすいですw)

 

ブログ一覧に戻る <<