1.  > 
  2.  > 

クエルボ・イ・ソブリノス

「スイスのハートにキューバのスピリット」そんなフレーズで表現されるブランド、クエルボ・イ・ソブリノス。 ありきたりなテイストの枠を超え、個性的でクールなライフスタイルと粋を楽しめる人に相応しいウォッチです。 由緒あるクエルボ・イ・ソブリノスの歴史は、ハバナが栄華を極めていた古きよき時代、1882年頃まで遡ります。 小さな貴金属店を創業したクエルボ一族は、創業者の甥であるアルマンド・リオ・イ・ケルボの指揮のもと世界中にその名を轟かせるほどに飛躍し、19世紀末には当時の著名人ならば一度は訪れるべきであるといわれるほどの店にまで成長しました。 ここは他とは違った時が流れ、意識と気楽なライフスタイルが共存し、存在の自由をもたらす世界が存在するそんな島でした。そこにはアルマンド・リオ・イ・クエルボとその兄弟たちが叔父であるラモンの創業したジュエリーと腕時計製造業に打ち込み、巧みに商売がおこなえる特別な雰囲気がありました。(「クエルボと甥たち」が後にクエルボ・イ・ソブリノスのブランド名をもたらすことになります) 文学、科学、映画、政治といった舞台で活躍する国際的な大物たちはハバナを訪れる際にはかならず店に集まるのが常でした。旧店舗の地下室で見つかり、つい数年前、明らかになった顧客名簿や写真には、ヘミングウェイ、カールソー、ゲーブル、チャーチル、アインシュタインまでもが熱心な顧客としてその名を連ねていました。彼らは職業や興味こそ大きく違っていましたが、誰もが憚ることなく個人であることを口にし、昔、逃避、優雅、洗練と同義語だった、ハバナの時代をこよなく愛していました。

50年以上も世界中の最高級時計店で成功を収めたのち、メゾンはキューバの政情変化に伴い自ら活動を収縮しクエルボファミリーはキューバを脱出してヨーロッパに移り40年余りの休眠に入りました。 2001年に復活し、ラテンの魂を継承しつつブランドの新しい本社をスイスのルガーノに定められ、製造拠点は伝統的に名高いジュラ地方で行われております。 NIHONDO価格をメールにてお知らせさせて頂きますのでぜひ一度問い合わせメールを入れてみてください

ブランドリスト
NIHONDOお買い上げ安心特典
  • 時計の無料クリーニング
  • 時計の状況診断
    (時刻精度や磁気帯び、外観、OH相談など)
  • 磁気帯びの際の磁気抜きさせて頂きます。
  • ベルト交換取付作業
    (当店買い上げ品バンド、純正品バンド)
  • バンド駒調整作業