1.  > 
  2.  > 
ブランドリスト
NIHONDOお買い上げ安心特典
  • 時計の無料クリーニング
  • 時計の状況診断
    (時刻精度や磁気帯び、外観、OH相談など)
  • 磁気帯びの際の磁気抜きさせて頂きます。
  • ベルト交換取付作業
    (当店買い上げ品バンド、純正品バンド)
  • バンド駒調整作業

伝説のモデルが復刻 EZM1.1 予約受付中

世界同時発表との事で本日夕方に情報解禁されました!幻のモデル

Sinn EZM1.1

ezm1.1bezm1.1_c

伝説のモデルEZM1の20年記念モデル誕生 EZM1.1が登場します!

1997年、ジンが初めて世に送り出したミッションタイマーEZM 1 は、事実上機能的にも明晰さにおいても申し分のないチタン製クロノグラフでした。 その後長きにわたりプロフェッショナルのためのミッションタイマーが続々と開発されていくわけですが、EZM 1 はまさにその先駆けとなったモデルです。 EZM 1 開発においてSinnがタッグを組んだプロフェッショナルは、関税局中央支援グループ(ZUZ)、ドイツ税関に勤務する特殊警察部隊のような機関です。 きわめて複雑かつ巧妙な作戦を遂行する際には正確な時間計測が必須となるため、ZUZが望んだのは精密機器レベルの頑丈なクロノグラフでした。 スピードが要求される状況のみならず、最もつらい悪条件においても、一瞬で時間を把握できる視認性が絶対条件となってきます。 このようにして、ユーザー、エンジニアおよび一流の時計技術者がお互い協力して完成したのが、EZM 1 だったのです。 このミッションタイマー誕生20年を記念して、ジンはEZM 1 の遺伝子を継承する500本限定モデルEZM 1 .1 を発表しました。

 

レマニア5100を想定したSZ01の使用

このクロノグラフの特徴は、機敏な動きが要求される任務において、手の甲に圧力がかかったり時計の操作がしづらくならないよう、 リューズとプッシャーが左側についていることです。EZM 1 .1 に使用されているSZ01はジン社で開発されたモジュールで、 さまざまな実践を積み重ねて現在に至るValjoux 7750をベースとしています。センターにクロノグラフ分針が配置されており、 すばやく簡単により正確な時間計測が可能となります。外観デザインは、現在入手不可能ですがクリアな視認性で名機と名高いレマニア5100をモデルとしています。 視認性を追求することにおいて、SZ01には2つの利点があります。ひとつは、通常の30分ではなく60分で針が一周して計測できる点です。 ふたつ目はセンター配置にすることで、スモールダイヤルではなく時計のダイヤル外周の目盛で読み取るため見やすいという点です。 また、カウントダウンベゼルは分刻みで両方向に回るので、累積時間を記録できます。視認性をより高めるために、針、目盛、数字以外の表示は赤で目立たなくさせています。

 

予約受付中です

当社HPのEZM1.1の問い合わせより

一覧に戻る <<