1.  > 
  2.  > 
NIHONDOお買い上げ安心特典
  • 時計の無料クリーニング
  • 時計の状況診断
    (時刻精度や磁気帯び、外観、OH相談など)
  • 磁気帯びの際の磁気抜きさせて頂きます。
  • ベルト交換取付作業
    (当店買い上げ品バンド、純正品バンド)
  • バンド駒調整作業

Sinnのテギメントの実力 その2

投稿日: 2014年11月21日

カテゴリー: 超ひとりごと

タグ:

前回の続きSinnの特殊技術 「テギメント」に付きまして説明させて頂きます。

sinn U1

↑の時計は私の愛用しております Sinn U1 です。もうかれこれ8~9年ぐらいなるのかな?(そろそろ2回目のOHの時期です)

この時計はまたまた特殊なUボートメタル(特殊鋼)を使用しております。ベゼルには説明させて頂いておりますテギメント加工が施しておりますので傷が殆どわからないと思います。これだけ長く使用しても全然傷が目立たない(たぶん私も肉眼で見る限りは付いてません)のは凄いですよね!

通常のステンレススチール(高級時計に良く使われる316)は 約200Hv

純チタンは 約130~200Hv

チタン合金(64チタン)は 約300Hv

1円玉(アルミ)は 約45Hv

10円玉(青銅)は 約130Hv

カッターナイフなどは 850Hv

高級時計や指輪などに良く使われる18金(K18)は 約120Hv (この数値を見ると金の時計は傷が付き易いのが分かりますね)

セラミック(種類があるので一概ではありませんが)は 約1500Hv~

上記はあくまでも参考程度のHVだと思って頂ければと思いますが、Sinnのテギメント加工を施したものはなんと1200Hv以上となります(これまた凄いですよね!)

(Hv=ビッカーズで硬度の単位です)

※ ちなみにテギメントされたケースやベゼルでも凹み傷(打痕キズ)は付きます。陶器やセラミックは凹み傷が付かない代わりに割れてしまいますよね!

 

時計のスリ傷が気になる方にはSinnの時計(テギメント加工が施されたもの)がお勧めです。

テギメントを施した時計はSinnの時計では沢山種類がありますので、ぜひお気軽にお問い合わせください!

ブログ一覧に戻る <<