1.  > 
  2.  > 
NIHONDOお買い上げ安心特典
  • 時計の無料クリーニング
  • 時計の状況診断
    (時刻精度や磁気帯び、外観、OH相談など)
  • 磁気帯びの際の磁気抜きさせて頂きます。
  • ベルト交換取付作業
    (当店買い上げ品バンド、純正品バンド)
  • バンド駒調整作業

NOMOSの裏側

投稿日: 2014年11月10日

カテゴリー: 超ひとりごと

タグ:

前回はノモスのサイズに付きまして書かせて頂きましたが、今回は時計の裏側(スケルトンバック)です。

そう↓のノモスセクシーショットをご覧ください!

ノモスのバックスケルトン

 

これはノモスでは一番多く使われているムーブメントで、タンジェントやオリオン、ラドウィグに使われている手巻きαムーブメントです。

ノモスの時計は全般的に薄いですが、当然ながらムーブメントだけならばなお薄いです(ガラスや文字盤、針など入れるとどうしても厚みが必要となりますので)

ちなみにこのムーブメントの厚みはなんと2.6mmと3mm以下なのです(マックポテトより細い まぁ当然ですがw)

グラスヒュッテ独特の3/4プレートにサンバースト、ストライプ、ペルラージュと3種類のパターンで仕上げられており見るだけでもその仕上げの良さにウットリできます(笑)

こんな小さくて薄い時計が21600/hの振動数(1秒間に6振動)でテンプを動かし時刻を刻むのです。

手に入れた方の特権で手巻き独特の巻き上げ感覚やコチコチ音、裏側の動きを堪能できますよ^^

 

 

ブログ一覧に戻る <<