1.  > 
  2.  > 
NIHONDOお買い上げ安心特典
  • 時計の無料クリーニング
  • 時計の状況診断
    (時刻精度や磁気帯び、外観、OH相談など)
  • 磁気帯びの際の磁気抜きさせて頂きます。
  • ベルト交換取付作業
    (当店買い上げ品バンド、純正品バンド)
  • バンド駒調整作業

nomos タンジェント38mmのサイズはどうか?

投稿日: 2014年11月9日

カテゴリー: 超ひとりごと

タグ:

昨年より販売された NOMOS グラスヒュッテ 38mmシリーズはおかげ様で非常に好調を頂いております。

またノモスの代表であるタンジェントは現在33mm、35mm、38mmと3種類のサイズがありますが、皆さん気になるのは実際どのぐらいの大きさがあるのか?

私の腕(16.5㎝~17センチの腕回りです)に合わせた際の画像をみてください。

NOMOSタンジェント38mm

 

↑の画像は38mmタンジェントです。

現在ほとんどのメーカーが40mm以上のモデルを発表し販売しております。ですので今更38mmと聞くと控えめなサイズとなりますが実はそんなに小さく見えることはありません(ガラス面積が大きい為に時計自体が意外と大きく見えるのです)

ノモスの雰囲気を出すためにはこのぐらいのサイズが非常にスッキリとしたサイズだと思います。現在ノモスには最大40mm(アホイ、チューリッヒなど)までのモデルがありますが、個人的にはこれ以上のサイズはノモスには必要ないのでは?と思います(あくまでも自分の腕のサイズに合わせた個人的見解です。腕のサイズは人それぞれですのであくまでも参考程度にしてください)

せっかくシンプルで薄い時計でもサイズが大きすぎては時計の良さや雰囲気を壊してしまいますよね!

 

 

 

 

ブログ一覧に戻る <<