1.  > 
  2.  > 
  3. カテゴリー「未分類」のブログ一覧
NIHONDOお買い上げ安心特典
  • 時計の無料クリーニング
  • 時計の状況診断
    (時刻精度や磁気帯び、外観、OH相談など)
  • 磁気帯びの際の磁気抜きさせて頂きます。
  • ベルト交換取付作業
    (当店買い上げ品バンド、純正品バンド)
  • バンド駒調整作業
  • 機械式時計の精度チェック(機械式に限ります)
  • 電波時計の受信設定

カテゴリー「未分類」のブログ一覧

モーリス・ラクロア アイコンベンチュラーブラック

20190920_110450ai6058_ss002_330_2rai6058_ss002_430_22pbk

AI6058-SS002-330-2 (アイコンベンチュラー ブラック)

人気のモーリス・ラクロア 新発売からぜんぜん入荷が間に合わなかったアイコンベンチュラーが入荷です(メタルブレスに付属でラバーベルトがついておりますのでイージーチャンジャブル機能で簡単に付替えて楽しんで頂けます)

モーリス・ラクロアのアイコン自体凄まじい人気で全世界的に品数が不足しております、そして今年のから新しいモデルとしてベンチュラー(ダイバータイプ)が発表されましたが、なかなか当店にも入荷が無くようやくブラック、ブルーと2種類揃うことが出来ました。

20190920_110926ai6058_ss002_430_22p

アイコンオートマティックは20気圧防水でスケルトンバックになっておりますが、このベンチュラーはスケルトンを止めてリューズガードをつけておりますのでよりスポーティーなモデルとなります(30気圧防水)

20190920_110503

またセラミックベゼルによりキズに強くなっておりますので日常使いでもベゼルの傷など気になる方にはおすすめなモデルとなります。

価格は245,000円+TAXとモーリス・ラクロアの素晴らしいコスパなんです。

※ 生産が間に合ってないので次回入荷は未定となります。ご検討中の方はぜひ早目にご検討くださいませ!

 

 

 

Sinnの展示会で日本限定発表されました

以前にもお話させて頂きましたが、9月11日、12日とSinnの日本代理店であります株式会社ホッタさんの展示会が行われました。

毎年行われている行事なのですが、この機会に日本限定の新作を発表することが恒例となっているのか?ことしも2モデルが発表されました。

1作目は

MILITARY TYPEⅣ(ミリタリータイプ4)

20190911_14540420190911_14535920190911_14535520190911_145349

日本限定のミリタリーシリーズ第3弾

3弾だけどタイプ4なのは内緒です(笑)(本当はジンのレギュラーモデルがタイプ1と捉えられているらしいです)

今回のモデルはSinn103 B AUTO をベースにクラシックミリタリーウォッチをコンセプトに誕生しました。

そのコンセプトからお馴染みのジンのテクノロジーは搭載しておりませんが、12時間積算計を排除し視認性を追及したのはファーストモデルから続く特徴です。60年代にドイツ軍のミルスペックの条件の一つだったアクリル風防(風防が割れては時計が壊れてはいけないように)を使用しておりますし、9時位置の逆リューズ仕様になっているのもこの限定モデルの特徴のひとつです。日本限定100本(日本でも100本、世界でも100本です)

ケース径41mm、厚さ15.5mm 20気圧防水 価格は330,000円+TAX(11月発売予定)

20190911_14525720190911_14525220190911_145247

※ NATOベルトが装着されておりますが、ブラックのカウレザーストラップも1本付属します。個人的にはレザーストラップの画像の方がカッコイイのでは?と思いました。また新たな画像が手に入り次第UPしますね!

 

そして2作目は

856.FLIEGERⅡ

20190911_14552620190911_145520

あれ?どこかで見たような、、、、

そう以前日本限定の856FLIEGERの第2弾(好評の第1段モデルは完売してますが実は当店に1本だけありますので気になる方はぜひお問い合わせください)

今回は文字盤のデザインをオール数字から3.6.9に変更し9時位置にジンの特殊技術のマークを、そして左リューズになっているのです。

※昔のオメガレイルマスターのような雰囲気でカッコイイです。

そしてなんと今回新たな事実が分かりました。

856のテギメントケースは904のステンレスだそうです!! 今までロレックスが使用して今年になってボールウォッチのオハイオで話題となった904ステンレススティール。Sinnはなにも発表しないまま904を使用しておりました(もっと早く言ってよw)

ただしまだブレスのサテン仕上げテギメントは技術的に難しいらしく生産が非常に遅れているようです(従来の856テギメントブレスは316のテギメントブレスらしいです。ケースは904と聞きました)

また来月ドイツ本社に私が行く予定ですので、そのあたりを詳しく聞いてきます。

今回の856FLIEGERⅡの限定数は50本

ケース径は40mm、厚さ11mm と従来と変わらず 価格は340,000円+TAX

※ もちろんジンのテクノロジーである、Arドライテクノロジー搭載(アルゴンガス、ドライカプセル)マグネチックフィールドプロテクションにより80,000A/m(1000ガウスの耐磁)、テギメントテクノロジー

10月発売予定です。生産本数は少なく50本しかありませんので興味のある方はぜひお早目にご予約ください

 

 

今回の展示会はSinnマイスタークラブ様(日本のユーザー様)も多く来場されて、ジンテクノロジーの説明やシュミット社長のお話も聞けました。

20190911_16132620190911_161535

その後にはSinnの販売店様と日本代理店さん、シュミット社長、営業マネージャーダンドルさんと食事会

20190911_20460020190911_204717

 

20190911_204146

久しぶりに私もシュミット社長とツーショット画像を撮らせて頂きました。

今回の日本限定のご予約は受付開始いたします。

気になる方はぜひこちらから→お問い合わせくださいませ!

(早期予約特典あります。当店入荷本数も限られております)

 

 

KENTEX シーアングラー ブルー

KENTEXの創業30種年記念として新たに発表されたマリンマンのシーアングラー

s706x0220190903_105017

このブルーモデルはベゼルにもブルーセラミックを使用しております(ブルーセラミックベゼルは国産ダイバーズでは初めての試みらしいです)

ムーブメントはご存知の通りSEIKO製NH35(4R系)のムーブを搭載し、KENTEXで時間調整をしておりますので実はSEIKOの4Rより精度が良いのです(これはプロガウスなどもに言えます)

KENTEXのダイバーモデル200m防水シーホースにくらべ、今回は300m防水となりますのでどうしてもケース厚が出てしまいますが15mm以下に抑えているところも評価出来ますよね(ちなみにシーホースⅡは12.8mmともっと薄いですので少しでも薄いのをお好みの方はシーホースがお勧めです)

20190903_104912s706x02bs706x02c

裏蓋のちょうちんアンコウもカッコイイ(シーアングラーですので)

価格も97,000円+TAXとKENTEXさんも頑張ってくれてますよ!

※ 他にカラー違いのブラックモデルもありますけどやっぱりこのブルーモデルがお勧めです。

 

Sinnの展示会が行われます

一年に一度、Sinnの日本代理店であるホッタさんが東京で展示会を行います(ホッタさんはSinnの他にもフォルティス、ボッチアの日本代理店でもあります)

例年通りであれば、この時期には2019年の新作や今後発売される日本限定モデルを発表します(詳しくは展示会後にこのひとりごとでUPさせて頂きますね)

でも今年はなんとSinnのオーナーであるローター・シュミット氏が5年ぶりに来日しその会場ではお会いすることが出来るのです。

またジンのマイスタークラブの方ならご存知の通り、今年は初めてその会場にジン会員様(マイスタークラブ会員で希望者様の限定となります)が入場できるほか、Sinnのテクニカルイベントを催すそうです。展示会の開催期間は9月11日~12日2日間でAM11:00~PM18:00までとなりますが、テクニカルセミナーは両日ともに16時からとなります。参加されるマイスター会員の方はその時間に合うように行かれることをお勧めいたしますよ!

 

 

 

漆黒のアイコン登場

おかげ様で好評を頂いておりますモーリス・ラクロア

今回は少し今までと雰囲気がちがう漆黒のアイコンをご紹介いたします。

20190830_10323320190830_10341720190830_103439

PVDを施した漆黒のアイコン

もちろんレザーストラップ&バックルもブラックで統一されております。私の使ってるホワイト文字盤のアイコンと比べるとどこか一回り小さいような、、、少し薄いような、、、感じがします(ホワイトは膨張色なので大きく見えるのです)実際ケースサイズは同じです。

真っ黒な時計はカジュアルになり過ぎて合わせにくいし、着ける時が難しいのでは?とお思われますがこのアイコンはさすがドレスポライン、スーツでもカジュアルになり過ぎないぐらい綺麗な黒、スーツにもしっかり収まってくれます(Gショックのようなゴツゴツした感じはありません)

真っ黒と言うより漆黒という言葉が似合う時計です。

モーリス・ラクロア アイコンブラック AI6008-PVB01-330-1

価格215,000円+TAX

 

※ 60回無金利クレジットご利用可能です。増税前なら月々3,800円(初回のみ8,000円)ぜひご遠方の方でもWEBから簡単に手続き可能です。

 

 

モーリス・ラクロアのレディースラインとしてフィアバがお勧めです(プレゼントにオススメ)

モーリス・ラクロアの人気モデルと言えばアイコン

20190727_161653

39mm 自動巻き ブラック文字盤 ですが、、、、

 

「モーリス・ラクロアに女性用はないの?」

「女性に時計を送りたいんだけれど周りと被らない腕時計のお勧めはあります?」

「仕事でも使えて派手すぎなくて地味過ぎない素敵な時計はありますか?」

とお聞きすることもございます。

もちろんモーリス・ラクロアのアイコンクォ―ツモデルにはレディースモデルはございますが、今回はアイコンではないモデルとしてご紹介するこのフィアバをぜひご覧頂ければと思います。

20190827_11350420190827_113531

28mmサイズ クォーツ式 アイコンとは違い丸みを帯びた素敵な時計です(ちなみにイタリア語でフィアバとは「おとぎ話」の意味です)

どことなくメルヘンな雰囲気がするのは気のせいでしょうか?(子供っぽさというよりいつまでも変わらない大人の女性の優しい雰囲気のような感じの時計です)

20190827_113825

金色SSのコンビモデル 文字盤はローマ数字 リューズには大きなブルースピネルを採用して可愛らしい女性的なデザインが素敵です。 価格120,000円+TAX

20190827_113836

金色とSSのコンビモデル 文字盤には11個のダイヤをセット もちろんリューズには大きなブルースピネル 価格160,000円+TAX

20190827_113859

このSSモデルのフィアバにはMOP文字盤にダイヤモンドを11個セット ブルー針と大きなブルースピネルリューズが特徴 価格140,000円+TAX

20190827_113910

SSモデルでローマ数字のスッキリとした時計はどんなシーンにも合わせやすく、ブルー針とブルースピネルリューズが特徴 価格100,000円+TAX

20190827_12292920190827_122909

↑ブルースピネルのリューズにはモーリス・ラクロアのMマークが可愛いですよね!

 

ご紹介した4モデルには全て3時位置にカレンダーがあります。

ご自分のご褒美や大切な方へのプレゼントにも最適な時計だと思います。よく高級過ぎるブランド時計は仕事中に着けにくいとお話を聞く事もございますが、このモーリス・ラクロアのフィアバなら国産の時計よりもデザインが洗練されているし過度な装飾もないのでビジネスでも普段着にでも合わせて頂けると思います。

「おとぎ話」という大人の女性に似合う愛らしい腕時計 おすすめです

 

※ 画像のモデルには全て保護テープが巻かれております、実際はもっと素敵ですよ!

 

 

ブログ一覧に戻る <<