1.  > 
  2.  > 
  3. 「2015年11月」に投稿されたブログ一覧
NIHONDOお買い上げ安心特典
  • 時計の無料クリーニング
  • 時計の状況診断
    (時刻精度や磁気帯び、外観、OH相談など)
  • 磁気帯びの際の磁気抜きさせて頂きます。
  • ベルト交換取付作業
    (当店買い上げ品バンド、純正品バンド)
  • バンド駒調整作業

「2015年11月」に投稿されたブログ一覧

Sinn358SA FLIEGER

お客様のご注文の時計ですが、なかなか見ることが出来ない素晴らしい時計でしたのでここでご紹介させて頂きます。

Sinn358SA FLIEGER

sinn358sa1sinn358sa2

Sinn356より一回り大きくなり、両面サファイアガラスにドライテクノロジー(アルゴンガス、ドライカプセル)を装備した358SA FLIEGERです。

ケースやバンドの仕上げも通常のマット仕上げではなくサテン仕上げとなり、バンドも5連ブレスのヘキサゴンタイプとなります。

ボリューム、デザイン、視認性など純粋なSinnらしい風合いがあり素晴らしい時計だと思います。

 

 

BALLにムーンフェイズウォッチ登場!

今年のバーゼルで発表されたムーンフェイズ搭載モデルが入荷して参りました!

nm3082d1CIMG2796

ブルー文字盤ですが少しパープルが入ったような綺麗な文字盤です(まさに夜空に月が輝くイメージです)

ムーンフェイズにもマイクロガスライト使われておりますので真暗にすると↓

CIMG2799

このような感じで月が輝きます(真暗での撮影は何だかピントがおかしい><不慣れですみません)

BALLWatchはどちらかと言うと剛健なイメージが強かったですが今回のモデルは非常に繊細な時計となってます(月の部分にはラメが入っており昼間でも月齢はにわかに輝くのです)

ダイヤルも立体感がありますので見ていても飽きない素晴らしい時計になっております。

ケース径40mm 厚さ14.5mm 5気圧防水  定価235,000円+TAX とコストパフォーマンスも素晴らしいです。

マイクロガスライトを上手く使えるBALLWatchならではの時計ではないでしょうか!

クリスマスフェア開催!

top21

もう11月も中盤、このシーズンからは恒例のクリスマスフェアのご案内です。

12月25日まで「NIHONDO クリスマスフェア」を開催いたします。

期間中60回無金利クレジットのほか、2万円以上のお買い上げで美味しいロイズのチョコレートをプレゼント!

頑張っている自分に、最愛の家族や恋人に、クリスマスプレゼントをぜひご検討くださいね!

Sinn U212SE 1本だけ再入荷する予定です

今年のバーゼルで発表された Sinn U212SE 世界限定モデル

世界的にも好評で、あっという間に完売してしまいましたモデルですのでなかなかお目にかかることが出来ない時計だと思います。

sinnu212se

ほんの僅かだけ(片手にも満たないほどらしいです)日本に再入荷するようです。当店も1本抑えることが出来ましたので早速この「超ひとりごと」でご案内させて頂きます。ご希望のお客様は早目にお問い合わせくださいませ!

来週以降(11月中旬から下旬)にはご案内出来ると思いますが、ご予約頂けるのが一番だと思います。

定価480,000円+TAX   無金利クレジットもご利用可能ですのでご相談ください。

Sinnテクニカルセミナーに参加してきました

先日Sinnのテクニカルセミナーというものに参加してきました。

ドイツ本国よりガーベルさん(Sinnの中でもかなり偉い人で技術的な事をよく知ってる方です)が来日して、色々教えてくださいました。

DSC_0259

 

中でも実験として面白かったことはドライカプセルとアルゴンガスのArドライテクノロジーについてです。

DSC_0260

私のU1を急速冷凍します ※ U1はArドライテクノロジーは使われておりませんので皆さんは試さない方が良いですよ^^

DSC_0261

表面の氷を拭き取ると、内部に曇りがあるのが分かって頂けると思います(時計の温度が通常に戻るともちろん曇りはなくなります)

これは不良品では有りません! 時計を-40度近くまで冷やしたことにより、通常時計を組み上げる際にある空気中の水分が内部の曇りとして現れただけです(Arドライテクノロジーの付いたモデル、EZM-3やU2などはこのように曇りません)

どんな環境でも空気中の水分を無しで組み上げるのは相当難しいと思います。ArドライテクノロジーのついたSinnのモデルは組み上げた際の水分をドライカプセルにより吸ってくれるので限りなく0に近い状態となりますので内部は曇りませんでした。

私も十数年とSinnを扱っておりますので今まで本や資料では分かっていたことですが、自分の時計で試してみると一目瞭然!でした。

このような実験を交えながらつくづく気が付いたことは「やはりSinnは凄い」  見た目は決して派手ではありませんが、他のメーカーではない独特な技術がこのような形で実現されているのです。

ますますSinnの時計が好きになりました^^

ブログ一覧に戻る <<